再エネ×蓄電池活用システム

RENEWABLE ENERGY×STORAGE BATTERY UTILIZATION SYSTEM

村岡パートナーズ3つの蓄電池施設

村岡パートナーズは、自社の全消費電力(毎時50〜60Kw)を100%再エネ化する為に取り組んでおります。

FIT型

FIT制度とは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度です。家庭や事業所が発電した電気を電力会社が買い取る制度です。発電方法や電力量によって定められた期間中は、単価を変えることなく電力会社が買い取ることが義務付けられています。

設備内訳
ソーラーDC350kw
蓄電池容量800kwh(160kwh*5台)
パワコン出力50kw/h
稼働済
2020年9月
場所
鹿児島県曽於市大隅町坂元
道入費用(税別)
¥70,000,000 ※土地メンテナンス費用は含まない
発電量実績年間予想
300,000kw
15年間の想定発電量(300,000×15年)
4,500,000kw ※ただし蓄電池メーカー保証10年
発電コスト=導入費/15年発電量
15.5円
※発電コストを算出するのに15年の発電量を用いた理由→蓄電池寿命10年パネル25年の中間を採用したため。
矢印

自己託送型[毎時50kw]

自己託送制度とは、再エネ電力の使用率を高めたい企業が、事業所の敷地に余裕がない場合、遠隔地に発電所を設置し、その発電所から送配電設備を利用し、事業所まで電気を送電する仕組みです。

設備内訳
ソーラーDC350kw
蓄電池容量800kwh(160kwh*5台)
パワコン出力50kw/h
稼働予定
2022年1月頃
場所
鹿児島県伊佐市大口田代
道入費用(税別)
¥70,000,000 ※土地メンテナンス費用は含まない
発電量実績年間予想
300,000kw
15年間の想定発電量
4,500,000kw ※ただし蓄電池メーカー保証10年
発電コスト=導入費/15年発電量
15.5円
※託送料は含まない。
矢印

自家消費型[毎時10〜20kw]

自家消費型太陽光発電とは、発電した電気を自社の施設で消費する太陽光発電のことです。SDGs活動や脱炭素など、事業活で使用する電力を再エネでまかなうなど自家消費型での設置に注目が集まっています。

設備内訳
ソーラーDC50kw
蓄電池容量160kwh
パワコン出力9.9kw/h×2
稼働予定
2022年1月頃
場所
(本社)鹿児島県鹿児島市西別府町3116-145
道入費用(税別)
¥15,000,000 - 助成金¥5,000,000 = ¥10,000,000
発電量実績年間予想
60,000kw
15年間の想定発電量
900,000kw
発電コスト=導入費/15年発電量
なんと約11.1円

脱炭素!再エネ100%達成予定

自家消費発電のメリットについて→再エネ情報へ

弊社の各種ソーラー×蓄電池システム状況を現在LINE@にて随時配信中!ご登録下さい。
詳しくは、下記の中小企業庁のホームページをご覧ください。

【参考】
・国税庁 No.5434 中小企業経営強化税制
・中小企業庁 経営サポート【経営強化法による支援】

各種助成金の紹介

環境省

ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電施設等の価格低減促進事業

鹿児島県

自立・分散型エネルギー導入支援事業

MURAOKA PARTNERS.Inc

MURAOKA PARTNERS 株式会社 鹿児島市西別府町3116番地145

Copyright© 2017 muraoka partners Co.,Ltd.All Rights Reserved.