再エネ×蓄電池活用システム

RENEWABLE ENERGY×STORAGE BATTERY UTILIZATION SYSTEM

ソーラーパネル×蓄電池システム活用で使用電力を自給自足

事業所の駐車場や屋根に、太陽光発電システム×蓄電池システムを設置し、そこで発電した電気をその事業所内で使用します。
不足した際は、今まで通り、電力会社から購入するシステムです。

MURAOKA PARTNERS株式会社〈本社〉自家消費 ソーラー×蓄電池システム

弊社の各種ソーラー×蓄電池システム状況を現在LINE@にて随時配信中!ご登録下さい。

中小企業経営強化税制を活用して太陽光発電と蓄電池を設置

中小企業経営強化税制とは?

中小企業経営強化税制とは、会社や個人事業主が設備投資をするときの費用に対する税制優遇です。
下記をご確認の上、要件を満たし、経営力向上計画の認定を受ければ、太陽光発電も対象となります。

中小企業経営強化税制のメリット「100%即時償却」とは?

減価償却では、導入した大型設備などの耐用年数(寿命)に基づいて、数年にわたって徐々に経費(損金)として計上していきます。例えば1,000万円で太陽光発電を設置したとすると、中小企業経営強化税制を使用しない通常の状態であれば、太陽光発電の法定耐用年数「17年」に渡って減価償却していくことになります。それに対して、「中小企業経営強化税制」を利用することで、太陽光発電の設置費用1,000万円を100%当期の経費として計上することが可能となります。
このように、即時償却とは、本来、設備ごとに定められた耐用年数に渡って処理する減価償却しなければならないものに対して、設備を購入した初年度に全額「100%」、経費(損金)として計上することができる制度です。
法人税は「所得」に基づいて課されますが、所得が伸びてしまった年などは、それに伴って法人税も増えてしまいます。しかし即時償却して損金として計上することで、法人税の計算のベースとなる「所得」を抑えることができ、その結果、支払う法人税を抑えることが可能となります。
このように、「中小企業経営強化税制」の即時償却を利用することで、当期の大幅な法人税の抑制が期待できます。

1,000万円で太陽光発電を設置した場合

詳しくは、下記の中小企業庁のホームページをご覧ください。

【参考】
・国税庁 No.5434 中小企業経営強化税制
・中小企業庁 経営サポート【経営強化法による支援】

MURAOKA PARTNERS.Inc

MURAOKA PARTNERS 株式会社 鹿児島市西別府町3116番地145

Copyright© 2017 muraoka partners Co.,Ltd.All Rights Reserved.