J-クレジット創出者のメリットについて

2021/08/26

太陽光発電設備や省エネ設備の導入、 適切な森林管理などによって削減された温室効果ガスの「削減量」や「吸収量」を国が承認する制度があることをご存知でしょうか?それが『J-クレジット制度』になります。このJクレジットはJ-クレジット創出者とJクレジット購入者によって成り立っております。今回はJ-クレジット創出者についてどのようなメリットがあるのかご紹介いたします。


○J-クレジット創出者とは??

まず、J-クレジット創出者とは何かについて触れていきましょう。

『J-クレジット創出者』とは、J-クレジットを生み出す中小企業、 農業者、森林所有者、地方自治体などのことをを指します。 J-クレジットを生み出すには、具体的に太陽光発電設備などの再生可能エネルギーの導入やLED照明などの省エネ性能に特化した設備の導入が挙げられます。

ではこのJ-クレジット創出者にはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。


○J-クレジット創出者のメリット

・J-クレジットの売却益を得ることができる

まず、このJ-クレジット創出者のメリットとしてJ-クレジットを売却することで、売却益を得らることができる点が挙げられます。この売却することで得た利益は、J-クレジット創出のための設備投資の一部に充てるなどして、 投資費用の早期回収や、さらなる設備投資に繋げることが可能です。

・ランニングコストの削減につながる

J-クレジットを創出するために、省エネ設備や自家消費型太陽光発電などの太陽光発電設備などを設置すると、 CO2などの温室効果ガスだけでなく、電気代などのエネルギーコストも削減することが可能です。 また、太陽光発電といった再生可能エネルギーの活用によって生み出される クリーンエネルギーを利用することにより、企業の環境経営にも貢献することができます。

また、上記以外でも地球温暖化対策に力を入れている企業ということをアピールすることが可能ですので企業のイメージアップにもつながります。J-クレジット創出者になるメリットは企業にとって大きなものとなると考えられます。


○村岡パートナーズでは3つの蓄電池施設を稼働予定です!!

村岡パートナーズでは再生可能エネルギーの固定価格買取型である『FIT型』、遠隔地にある発電設備で発電した電気を自社施設で消費する『自己託送型』自社の発電設備で発電した電力を自社施設で消費する『自家消費型』の蓄電池施設を稼働予定です。

この『再生可能エネルギー×蓄電池システム』のシステム状況をLINEにて随時配信中ですのでぜひご登録ください。


村岡-鹿児島の太陽光発電

〒890-0033 鹿児島県鹿児島市西別府町3116番地145TEL099-283-3739 FAX099-283-3755

Copyright© 2017 muraoka Co.,Ltd.All Rights Reserved.